ゆう歯科クリニック

診療予約 お問い合わせ

ムシ歯治療

ムシ歯を治療して欲しいけど、できるだけ歯は削りたくないもの。そこで当クリニックでは治療計画を立てる際、できるだけ歯を削らず、健康な歯を残す方法をまずご提案します。

歯を“ 削らない ”“ 抜かない ”

一昔前の治療方法では、ムシ歯は削って治すという考え方が主流でした。しかし、現在では治療方法や素材は進化しており、たとえば初期のムシ歯なら削らずフッ素塗布などの処理をおこなうだけで改善できるケースもあるのです。
歯は一度削ってしまうと、二度と元の状態には戻りません。当クリニックでは、患者さんの健康な歯をできるだけ残すために、常に最善の治療方法をご提案します。

“痛みをおさえた 治療 ”を心がけています。

歯科治療では痛みをおさえるために「麻酔」をかけますが、その“麻酔をかけるときが痛かった”という方が多いのではないでしょうか。

当クリニックでは、麻酔の注射針を刺す前に歯ぐきの表面に表面麻酔を塗ります。表面麻酔とは、皮膚や粘膜面の知覚を麻痺させるために行う麻酔方法です。針を刺す部分に表面麻酔をすることで歯ぐきに注射針が刺さるときの痛みを抑えることができます。

また麻酔を注入するときは、ゆっくりと時間をかけて麻酔液を注入していきます。実は麻酔の痛み・不快感は注入時の余計な圧力です。ゆっくりと時間をかけて注入することで不快感を軽減できるよう心掛けています。

他にも、「今から麻酔をしますよ」「少しちくっとしますよ」など、患者様の状況を察しながら声をかけ、治療の心理的不安を減らす工夫もしています。


表面麻酔

虫歯のレベル

ムシ歯は進行状態によってC0~C4までの段階に分けられます。

■C0
初期ムシ歯の状態です。まだ歯に穴は開いていません。フッ素とキシリトールを使って、歯を再石灰化させることで、改善していきます。

■虫歯レベル1(C1)
歯の一番表層にあたるエナメル質に穴が開いた状態です。
この段階では痛みがないので虫歯に気がつかない場合があります。
早めの治療であれば痛みもほとんどありません。

C1

■虫歯レベル2(C2)
虫歯レベル1の状態でしばらく放置した状態です。
エナメル質の下にある象牙質にまで虫歯が到達してしまいます。
この段階までくると歯がしみるなどの症状が出はじめます。
この段階であれば比較的簡単な治療で終わります。

C2

■虫歯レベル3(C3)
虫歯が神経にまで達した状態です。
場合によっては激しい痛みが出てきます。
治療せずこのままの状況で放置してしまうと、歯を抜かなくてはいけない状況に なってしまいます。

C3

■虫歯レベル4(C4)
神経が死んでしまった状態です。
神経が死んでしまったので強い痛みはありませんが、 噛むと痛みや違和感があったり、 膿(うみ)が溜まって顔がはれたり、 細菌が血管を通り全身に影響をおよぼす可能性があります。

C4