ゆう歯科クリニック

診療予約 お問い合わせ

予防歯科

まずは予防することが大切
当院では、皆さまの歯を長く健康に保てるよう、予防に力を入れて診療を行っています。
今は、むし歯や歯周病がないという方も、定期的なケアで今の良い状態を保ち続けることがとても大切です!

女性の笑顔


むし歯になって治療をすると、どうしても歯は弱くなってしまいます。。。

むし歯になった歯は、削ったり詰め物を詰めることで痛みを取り除いたり機能を取り戻すことができます。 しかし、削ってしまった歯は二度と元に戻ることはなく、一度治療した歯はどうしても弱く・寿命が短くなります。
そのため、ご自身の歯を長く健康に保つには、歯が悪くなる前に「予防する」ことが最も重要なのです。


定期的な検診でお口の健康状態を把握

定期的にお口の中の健康状態を把握しましょう。
当院では定期的に検診を受けていただけるようお手伝いをしています。

むし歯や歯周病があった場合でも、定期的に検診を行っていれば、早期発見・早期治療を行うことができます。

定期検診では、次のような項目をチェックします。

結果をもとに

むし歯や歯周病の有無や状態をご説明し、患者様の生活習慣を踏まえたおひとりお一人にあった予防方法をお伝えします。

当院では予防に効果的なクリーニング(PMTC)や、ホームケアアドバイスなどをご提案しています。

当院で行う歯科予防について

◎歯科衛生士によるプロフェッショナルクリーニング(PMTC)

プロによる専門的な歯のクリーニング

PMTC とは、予防ケアのプロである歯科衛生士が、専用機器を使用して専門的に、歯の、プロフェッショナルクリーニングを行うことです。

ご自身で行うブラッシングだけでは落としきれない汚れを、歯科医院の専門的なクリーニングできれいにすることで、むし歯や歯周病を効果的に予防できます。

PMTCの流れ
① 歯面清掃
専用の器具を使い、歯の表面の汚れを除去します。
当院のポイント
あまり痛みはありませんが、より痛みを軽減できるよう、歯科衛生士がゆっくり丁寧に行います。


歯面清掃

② 研磨
専用のブラシとフッ化物入りのペーストを用いて、歯の着色を取り除き、1本1本を丁寧に磨いていきます。
当院のポイント
歯を磨いている感覚のみで、痛みはほとんどありません


研磨

③ フッ素塗布
むし歯を予防する効果のあるフッ素を、歯と歯の間や表面に塗り、むし歯になりにくい歯にしていきます。
当院のポイント
予防効果を少しでも継続できるようフッ素塗布によりサポートしています


フッ素塗布

◎PMTCのメリット

 ・むし歯や歯周病にかかりにくくなる
 ・口臭の予防になる
 ・歯がツルツルになり、爽快感が得られる
 ・茶しぶやヤニが落ちてきれいになる

◎歯磨き指導

予防ケアを行っても、毎日の歯磨きを正しく行わなければむし歯や歯周病を効果的に防ぐことはできません。

当院では、ご自宅でのセルフケアもしっかりと行っていただくために、歯科衛生士が歯磨きなどのホームケアをお伝えします。
おひとりお一人のお口に合った、歯ブラシや歯磨き粉などもご紹介します。

歯磨き指導

皆様の歯並びに合わせた歯磨きの仕方や、歯ブラシの選び方などを丁寧にお伝えしますので、ホームケアについての疑問やお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。


当院で初めて予防歯科を受ける方へ

流れ
① 今のお口の状態を検査
レントゲン、口腔内写真撮影、歯周病検査など、お口の中の状態を把握するための検査を行います。
歯のレントゲン

② 初診カウンセリングおよびドクターによる問診
皆様が普段行っている歯磨きの状態やむし歯の治療歴、お口に関する悩みごとなどについて、丁寧なカウンセリングを行います。
皆様のご要望にしっかりと対応するためにも、また、不安なく歯科予防を受けていただけるよう、少しでも気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

③ 検査結果の報告と今後についての説明
カウンセリングや検査結果をもとに、おひとりお一人にあった予防プログラムを立案いたします。 プログラム内容や進め方などを丁寧に、わかりやすく、ご説明します。

④ 予防プログラムの実施
歯石除去、PMTC、お子様の場合はフッ素の塗布、ご自宅でのケアの仕方の指導などを行います。

⑤ 定期検診
予防プログラムが終了したら、その後は定期的に経過確認いたします。
月1回から、3ヶ月~半年に1回程度の定期検診へ移行していきます。


予防はお子様にも大切です!

お子様にとって最も大切なことは、乳歯のときからむし歯を予防し、正しい歯磨きの習慣を身につけることです。
残念ながらむし歯が出来てしまった場合は少しでも早く治療することが大切ですが、当院ではまずはむし歯にならないために通っていただきたいと考えています。

予防はお子様にも大切です

お子様の歯はとてもデリケートでむし歯になりやすく、むし歯になると進行もとても早いのです。 そのため、できるだけ早いうちに予防習慣を身につけることが重要です。


ご存知ですか!?

認知症予防にも予防歯科、歯周病治療が大切です!

歯周病とは歯周病菌に感染することによっておこる炎症性の病気です。
その歯周病菌が血液にのって、脳内に侵入し、認知症を引き起こすひとつの原因となるということが分かりました。

アルツハイマー型認知症は、脳内に「アミロイドβ(ベータ)」というたんぱく質のゴミがたまることがひとつの原因だと考えられています。
口腔内の歯周病菌が、血液にのって脳内に侵入すると、このアミロイドβが増えるという研究結果が放校されました。
また、歯周病菌によって作られる「酪酸」という物質も、記憶をつかさどる「海馬」に影響を与えるのではないかと言われています。

ですから、認知症予防にも予防歯科、歯周病治療はとても大切なのです!
認知症治療に歯周病治療を導入することも今では、一般的となっています。

「物忘れが気になってきた」「認知症を予防したい」「認知症が進行している」という方、
是非、当院の予防歯科にご相談ください。


歯がなくても

歯がなくても、入れ歯にも、菌がいる

すでに歯がない人は歯周病にはならないので、アルツハイマー病とは関係がないのでしょうか?

そうではありません。歯周病菌は歯のない人からも見つかっています。
舌苔(ぜったい)の中にすみついていたり、入れ歯の土台にすみついたりします。
入れ歯であっても口腔ケアは必要です。